証券会社を選んで得に!信用取引で気をつけることとは?

信用取引の入り口で失敗しない

信用取引で株式の売買を行っていこうと決めたら、入り口のところで失敗しないように気をつけるのが重要です。どの証券会社を選んで口座を開くかによって儲けられるかどうかに大きな差が生じます。株式市場にある株式を取り扱っているという点では同じであっても、扱っている範囲に違いがある場合もあるのは確かです。しかし、それよりも大切なのが取引を行う上でかかる費用に差があることであり、その点を理解しておかないと後悔するかもしれません。

信用取引では金利がかかる

信用取引で株式の売買をするときには金利を念頭に置かなければなりません。証券会社から資金を借りて株式を購入し、その株価が上昇したら売るというのが基本的な方法の一つです。このときに借りている期間は金利を払わなければならないですが、その分を上乗せして考えて十分に株価が上がらなければ利益を生み出せません。その上に取引手数料もかかるので、金利が高いとそれだけ利益を上げられる可能性が低くなってしまうのはわかるでしょう。

金利を重視して証券会社選び

証券会社の選び方として金利が低いことを優先するのは信用取引で稼ごうとするときには重要な視点です。実際に比較をしてみると1%程度の極めて低い証券会社もあれば、4%前後まで金利がかかる証券会社もあります。他にメリットがあるからこそ金利が高くなっているという場合もありますが、基本的には金利の低さを優先して選べば大きな失敗はないでしょう。ただし、他の手数料が極端に高くないかを確認するのも忘れてはなりません。

株式の信用取引の金利とは、担保を預け最大三倍まで投資が出来るのですが融資ということで金利が発生します、また空売りも出来るので貸株料の金利もあります。相場は前者は2.5%前後、後者は1.15%前後です。