どこでも買える?ファンドの買えるところと手数料をチェック

金融機関で買えるファンドが異なる

投資をするときには分散投資が必要とされます。株式など一つの銘柄のみだと、その銘柄が下落すると資産を減らします。分散して保有していれば、減ったり増えたりする資産を持つことができ、一気に減らすことは少なくなります。分散投資ができるのがファンドで、ランキングを利用して選ぶこともあります。注意したいのは、どの金融機関でもすべてのファンドを買えるわけではないことです。買いたいファンドがラインナップされている金融機関を選びましょう。

目的に合ったファンドを選ぶ

投資をするときには、自分で投資方針を決めます。ハイリスクハイリターンは、高いリスクを受けるが、高いリターンが期待できる投資先を選ぶことです。ローリスクローリターンは、リスクが少ないが、あまりリターンも高くない投資先です。ファンドのランキングから商品を選ぶとき、自分の投資方針に従って選ぶようにします。株式や海外の投資を行うものはそれなりにリスクが高くなります。リスクを減らしたいなら、公社債などに投資をしているものから選びましょう。

手数料が見合っているかをチェック

銀行預金などでは手数料はほとんどかかりません。株式の場合は売買手数料がかかります。外貨などだと為替手数料がかかるでしょう。ファンドの場合には、いろいろな手数料がかかります。株式などのように証券会社で決められている部分もありますが、多くは商品ごとに設定されている手数料になります。ランキングから選ぶときには、手数料が商品に見合っているか、自分の投資に合っているかのチェックが必要です。うまく選べば、同じような商品で手数料が低いものを見つけられることもあります。

ファンドのランキングを効率よく活動することで、誰しも資産運用を積極的に推し進めることが可能となります。