ファンド会社の設立形式を大きく分けると?!主な三種類!

一つ目、組合型とは?!

組合型とは、複数の人が出資した資金を運用し、事業を行うためのものです。しかし、法人格はありません。組合型にも様々な形があり、民法組合、匿名組合、投資事業責任投資組合、有限責任事業組合、など他にも様々な形があります。しかし、その中でも多く作られているものは、民法組合、匿名組合、投資事業責任投資組合でしょう。民法組合はジョイントベンチャーなどに利用されることが多く、匿名組合は、太陽光発電事業などに利用されます。当事業責任投資組合は、ベンチャー企業などへの投資に利用されます。

二つ目、法人型とは?!

会社法などで設立時れる時は、法人型が多いでしょう。証券化などのストライクチャードファイナンスのヴィークルとして用いられることが多いのです。そのような会社はSPCと呼ばれています。法人型の中にも三つに分けられ、それぞれ特徴があります。合同会社の場合は、役員の任期に制限がありません。また、社員全員が有限責任でもあります。株式会社は一番主流であり、信用があります。特定目的会社は、一定要件を満たすことで、登録免税免税されるのです。

三つ目、信託型とは?!

信託型は、委託者と受託者がいます。委託者が投資した資金を運用し、受託者があげた収益が、委託者に分配されるのです。投資信託及び、投資法人に関する法律に基づき、投資信託が成立しているのです。また、資産の流動化に関する法律に基づき成立しているのが、特定目的信託型成立しています。信託型は、委託者の損失が大きくならないというメリットがありますが、利益を得るためにも、受託者をしっかりと見極める必要があると言えるでしょう。

ファンドの会社を上手く活用することで、手持ちの資金が少ない人であっても、効率的に資産運用に取り組むことが可能です。